So-net無料ブログ作成

ふぅ [普通の生活日記的な]

こんにちは。

差し迫る崩壊に周囲の人たちと怯えているところです。

さて、もうすぐ期末。

単位がやばそうな科目がいくつかありますが、うち世界史はどう考えてもボーダー下回るので、一応相談しておいたところ、まあとりあえずそこそこ頑張っておこうという結論に達しました。

これで歴史ともおさらばですが、まさか高2でガチ日本史あったりしたらどうしましょうね。

期末が終わったらいろいろあって、生オリですね。

僕の中では一応今から出来るだけ頑張ろうと思っています。冷静に考えると1%ぐらいの確率で勝つると思っています。よって受けるなら次回作に期待(次もおんなじだろうけど)

まあとりあえず最善を尽くします!

最近目が怖いとか言われる事が多いです。

てなわけで今日はここらへんで。


もうなんか [普通の生活日記的な]

生オリ完全に諦めたくなってきた(すでに半分くらい諦めている)

残りの日数的につらいものがあるし向いてないかもなあ(身の程知らずとはこのこと:ほかの教科との比較で向いているかもと思っていた)

とりあえず代表になれるというのはさすがにないとして、半分くらいまで行きたいですね と思うようになっていたが・・・

一方校内模試対策とかほぼ皆無でここまで捨てていいものかという具合
数学はまたもや3456がほぼ白紙かな

周りは数ⅢCバリバリやってたり鉄壁n周とかしている今、記憶力のない頭で生物やっているのが正直悔しい

受験勉強余裕な人ならいいんだろうけどね、ね、ね

とはいえ今年の7月の生オリ1次受けるかどうかは、今回の結果次第なので出きるところまでやっておきたいところ

1番よくないのはこの大事な時期を使って生物にかけて結局一周だけですぐに終わることで(結果が散々ならやめろという話、しかしある程度は使ってしまった、既存の後の祭を増強させる)

某氏みたいに今更高校変えるわけにもいかんしなあ
不登校のふりしてとある通信制の高校に入れば大学以降楽しそう

結論としては自分のポテンシャルをきちんと評価した上で、ほどほどに生物を楽しむのが一番でしたねオワタオワタ

他のオリンピック受けている余裕な方と同じだと誤解していたというのが次第に明らかになっているわけです

皆頑張れー(全てが中途半端な僕が底辺から叫びます)

やっとだ [普通の生活日記的な]

この閉鎖期間の間にやるべきことは山のようにありますが、この時期に閉鎖ってくれたのは本当にありがたい。

なんかんだと精神もおかしくなっていたしこの間に全てを立て直そう。

あ、校内模試はオワタで。(かといって生オリの勝算はほとんどゼロなので、もし来年もまた生オリ受けるとしたらその時の負担を減らすための作業である

よくわかりませんが春休みの勉強時間を1日30時間くらいにしないとこれから長らくオワタしそうだわ

楽しくなってきた


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。