So-net無料ブログ作成

サンティアゴでの生活② [チリ留学記]

おはようございます。


サンティアゴでの新生活シリ―ズ第2話です。


5/30(水)


この日は朝からPolicía de Investigaciones de Chile、つまり警察に行って外国人登録のための必要書類をもらいに行きました。


場所はサンティアゴの中でも中心部、いわゆる旧市街と呼ばれるところでしょうか。


今までは「ゆうて日本と変わらんっしょww」などと高をくくっていましたが、ここはやべえ。


街も危険そうだし、この警察に大量の移民が流れ込んでいるのです。コロンビアやベネズエラ、ハイチから来ているらしい。


IMG_3987
この写真を撮るのが精いっぱいだったよ。


早朝から並んでいる人が多いそうで、そうした人に食べ物を販売する商人まで現れる始末。


数時間待ち、よく分からない面接を受けて書類をもらい、終了。


IMG_3995
丸の内のような雰囲気。


そこからは歩いてモネダ宮殿という大統領府に歩いていきました。ホント、少し場所を移動するだけで雰囲気が変わるんですね。


さて、移動手段についても少し。


IMG_4001
東京メトロの5億倍くらい暗い。


サンティアゴにはメトロという地下鉄が張り巡らされており、Bipカードという要はチリ版Suicaで乗ることができます。


変わっているところとしては、


・車内で(勝手に)お菓子を売っている人が多い
・女性に対して席を譲る
・混雑時の人々の動き方が山手線のそれよりもはるかに悪い


といったくらいでしょうか。


スリが横行しているので荷物には気を付けないといけませんが、どこもそんな感じな気はしますね。


 


その後は家に近くまで戻って携帯のSIMカードを買い、無事通信できるようにして終了。


相変わらず、昼寝が9時近くまで及んでしまうのは変わっていません。単純に疲れな気もしましたけどね。


また続きます。


nice!(0)  コメント(0) 

サンティアゴでの生活① [チリ留学記]

さて、空港で一夜を明かしたあとはタクシーで家まで移動しました。

ここでは現地の日本人およびチリ人のスタッフが同行し、生活に関するあらゆる面で手助けをしてくださいました。どれもこれもはじめてのことだったので、日ごとにざっとまとめておきます。

5/29(火)

まずは部屋に入って大家さんから説明を受けます。大家さんが英語を話せることにびっくり。

ちなみに居住地域はかなり治安が良いところで、夜に女性が一人で出歩いているのを見かけるくらいです。

たまに叫び声とかが聞こえてきますが、それは日本でも聞こえてくるでしょ。

IMG_3981
1人でこの広さ。

換気扇がない、エアコンがない(キツイ)など若干アレな点はあるものの、内装は綺麗で広く、満足です。

テレビをつけるとCNNなのにスペイン語の放送が。CNN Chileなんてあるんですね。

さて、その後はスーパーへ。化粧品みたいなどぎつい臭いがしますが、どれも日本のスーパーでは見かけないものばかりで、中々興味深いです。

値段は日本の半分くらいでしょうか。ものにも寄りますが。

買い物袋は持参しなくてはならないのと、万引き防止の私服警備員が仰々しいのが印象的でした。

IMG_3977
一部しか撮影していません。

お待ちかねのワインですが、99%はチリ産。日本でもおなじみの、Casillero del Diabloとか、Sunrise、Conosurなどが並びます。

Casillero del Diabloといえばキリンが大体的に宣伝していますが、こっちでも扱っている量は他よりも多いです。

輸入物と言えば少しスプマンテがあるくらいですかね。

時差ボケのせいか、少し昼寝したつもりが7時間くらい熟睡していました。

IMG_3985
そういえば自炊しないといけないんだった。

長くなりそうなので、この辺で。


nice!(0)  コメント(0)